R.I.P.  Caro grande Maestro…

今日は悲しいニュースで朝を迎えました。

イタリア留学の際に師事した、アンジェロ・ロフォレーゼ (Angelo Loforese) 先生が、100歳というご年齢で天に召されました。

先生の言葉で印象に残っているのは、

「Cantare non e’ fatica.  歌は重労働ではないよ。」

「Non cantare, parla !  歌うんじゃない、喋るんだ!」

「Kuchibiru, Ha no mae ! (日本語)」→ 唇、歯の前を意識して、声を前に飛ばせ、という意味と僕は解釈していました。

1961年、日本で行われた「カヴァレリア・ルスティカーナ」の公演でトゥリッドゥを歌い、ジュリエッタ・シミオナートと共演されています。こちらで全曲視聴可能です。↓

こちらは、92歳の時の歌唱。「イル・トロヴァトーレ」より

天国にまたおひとり名演奏家が加わりました。

どうぞ安らかに。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

R.I.P.  Caro grande Maestro…

髙梨 英次郎

コメント

  1. こんにちは。Loforeseの正確な記録を残されてらっしゃいますね。有難うございます。
    彼の1周忌にあたり、弟子2人がロフォレーゼ師のことを6つの録画にしました。宜しければご覧くださいませ。
    gingaza というyoutubeです。
    https://www.youtube.com/watch?v=541GPica7ps&list=UUk7B9LVRc0m_xDQkcY8UCpQ&index=10

  2. 長らくコメントいただいていたのに、気づかず失礼いたしました。
    YouTubeの一部を拝見させていただきました。懐かしく留学当時のことを思い出しました。また視聴させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました